物質(マチエール)と物語を拮抗させることで、絵画の可能性を探っている。

現在は、この目的と親和性の高い「図形的登場人物」を主題としている。「図形的登場人物」とは昔話などの物語において、話の筋を優先する為に、個人としての描写や感情表現を無視もしくは省かれた人々を意味する。

私は、この省略の中にある沈黙を手綱もしくは燃料とし、そこから生まれたイメージと絵具をぶつけ、緊張状態を作ることを試みているのだ。

I am exploring a new possibility of painting in a competing relationship between narrative and material (‘matière’ or painting texture).

Currently, I focus on ‘figure-like characters’ as subjects for their strong affinity to this purpose.

The term ‘figure-like characters’ refers to people in narratives like folklore, whose portrayal as individuals and whose emotional expressions are disregarded or omitted for the sake of the storyline.

Taking the silence that exists in this omission as my reins or fuel,

I attempt to create a state of tension on the canvas by clashing the image emerging there and the paints together.

我对传说中的故事很感兴趣。尤其是对故事中的人物描绘和人物的情感表达细谊使人感到深入其境。

比如,瑞士的民俗文学研究员;Max Lüthi 说的“图形的登场人物”。在“图形的登场人物”里最重要的是整个故事的流程,所以能省略个人的绘画和感情想象。是我得到更丰富的绘画想象力和对人物的细致的刻划。

通过“图形的登场人物”更使我在作品上来表达她与他们的情感和语言的形象化。