© YUMI NISHIMURA 2019  All rights reserved

近年、昔話やおとぎ話、そして童話や神話のような特定の物語における人々の描写に興味を持っている。私はそのような人物を、ヨーロッパ民間伝承文学の研究者であるマックス・リュティ氏の言葉を借り、「図形的登場人物」と呼んでいる。

In recent years, I am interested in depictions of the people in specific stories, such as folktales , fairy tales , nursery tales and mythologies .

I refer to such a person as a "図形的登場人物 "(in English "flat characters ","depthless characters" etc.) in the words of Max Lüthi (1909, Bern – 1991, Zurich) , a researcher in European folklore literature.

 

要約すると、「図形的登場人物」とは、物語の流れ全体を優先するため、個人的な描写や感​​情表現を除外された、または省略された人々を意味している。彼らは、大きな流れの中で、その展開を進める為にある、図形のように平易な存在と言えるのだ。

In summary, "図形的登場人物" mean people whose personal depictions and emotional expressions have been excluded or omitted in order to prioritize the whole story flow.They can be said to be simple things like 2D shapes, which are to just promote their development in a large flow.

 

自作品の場合、私はそれらを物語に忠実なイラストとしては描かない。「図形的登場人物」を生み出す文章には、情報の欠如と鮮やかで単純な表現が含まれている。端的に言えば、そのような物語表現の表皮下に隠された部分、例えば筆舌に尽くしがたい質、不合理、感情などを描くことが目的なのだ。

In the case of my works, I do not draw them as illustrations true to the story. The sentences that produce "図形的登場人物 " include lack of information and vivid, simple expressions.In short, my painting purpose is to explain the hidden parts under the epidermis of the such tales, such as incomprehensible qualities, absurdities, and emotions.

 

そして現在、目的を達成するために、具象的なイメージに物質性や抽象性をぶつけ、物語の伝達が明晰になりすぎない画面にする必要があると考えている。例えば、平面的な色彩と直接的な物質性、記号的な形態と抽象的な箇所、そうした対比や融合の中に、物語の表皮下で感じた様々なものが現前すると思われるからだ。

And now, in order to achieve that purpose, I think that it is necessary to use materiality and abstraction on concrete images, and to make a screen with less clear story transmission.For example, flat colors and direct materiality, symbolic forms and abstract places,I think that it is possible to express the existence considered to be under the epidermis of the story in the contrast and fusion of the above elements.

 

以上のような考えから、私の近年の絵画は生成されている。

From these ideas, my recent paintings have been generated.

 简易说明 中文版

 

我对传说中的故事很感兴趣。尤其是对故事中的人物描绘和人物的情感表达细谊使人感到深入其境。

比如,瑞士的民俗文学研究员;Max Lüthi 说的“图形的登场人物”。在“图形的登场人物”里最重要的是整个故事的流程,所以能省略个人的绘画和感情想象。是我得到更丰富的绘画想象力和对人物的细致的刻划。

通过“图形的登场人物”更使我在作品上来表达她与他们的情感和语言的形象化。